整形

人工乳腺バッグ挿入法とは

豊かな胸になる方法とは

整形

ペタンコの胸をドーンとグラマラスなバストにしたい場合は、人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術を受けるのが一番です。豊胸手術には、人工乳腺バッグを挿入する方法の他に、ヒアルロン酸を注入したり自分の体から採取した脂肪を注入したりする方法もありますが、それらの方法ではせいぜい1カップ程度しか胸を大きくすることができません。人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術を受けた場合は胸に手術痕が残ってしまうというデメリットはあるものの、豊胸効果という観点から考えるとこの方法に勝る方法は存在しません。ですので、胸を可能な限り大きくしたいという希望を持っている人は、術後のダウンタイムが若干長めにかかりますが、人工乳腺バッグ挿入法を利用しています。一昔前までは、いかにも人工のバッグを胸に挿入したという外観になってしまうケースが多かったのですが、人工乳腺バッグの改良が進んだおかげで、現在では見た目・手触りともに違和感が全く感じられない自然なバストを作れるようになっています。

手術方法

一口に人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術と言っても、クリニックごとに独自の工夫が凝らされています。たとえば人工乳腺バッグを挿入する位置についても、大胸筋の上に挿入する方法と、大胸筋の下に挿入する方法とがあります。どの部分にバッグを挿入するかによって手術の難易度が変わってきますので、医師の技量の高さが大きな問題になってきます。また、患者の方からしてみても、術後の回復にかかる時間の長さがかなり変わってきますので、よく考えた上で手術方法を決める必要があります。さらに細かいことを言えば、人工乳腺バッグを挿入するための切開口をどこに作るか、また何センチ位切開するのかなどについても、クリニックごとに違いが生じています。時間の経過とともに手術の傷跡は少しずつ薄くなっていきますが、最初からできるだけ目立たないようにしてもらえるに越したことはありません。ですから、これから豊胸手術を受ける予定でいる人は、複数の美容外科クリニックでカウンセリングを受けた上で、納得のいく選択を心がけるようにした方がよいです。