整形

脂肪注入法による手術とは

脂肪注入法

胸

豊胸手術の方法の1つに、脂肪注入法があります。これは、患者自身の体から採取した脂肪を胸に注入することによって胸を大きくする方法です。注入系の豊胸手術としてはヒアルロン酸注入法による手術が有名ですが、ヒアルロン酸注入法よりも脂肪注入法の方が拒否反応が起こるリスクが少なくなっています。ヒアルロン酸も拒否反応が起こりにくい物質として知られていますが、体にとって異物であることに違いはありません。でも、自分の体から採取した脂肪を移植するのであれば、拒否反応が起こってしまう可能性はほぼゼロです。それに加えて、注入した脂肪が上手く胸に生着すれば、半永久的な豊胸効果を得ることができるというメリットもあります。ヒアルロン酸注入法の場合は、だいたい1〜3年程度で豊胸効果が消失してしまいますので、この違いは見逃すことができないほど大きいものです。また、もともと自分の体にあった脂肪を注入することになりますので、全く違和感のない柔らかなバストを作ることができます。

今後の予測

脂肪注入法による豊胸手術を受ける際には、まず最初に充填材にするための脂肪を吸引する手術を受けることになります。多くの場合、お腹やお尻など、脂肪がたっぷりとついている部位から脂肪吸引を行いますが、その部分の太りすぎが気になっている人にとっては痩身治療的意味合いを持つ手術になりますので、まさに一石二鳥の手術になります。また、自分の体についている余分な脂肪を、充填材として無駄なく活用できることになりますので、究極のエコ手術だと言うこともできます。ただし、現実的なことを考えると、胸に注入した脂肪の生着率はあまり高くないのが実情です。そのため、脂肪の生着率をいかにして高めるのかが、最大の課題になっています。昔は体から吸引した脂肪をそのまま胸に注入する方法が一般的になっていましたので、はっきり言って生着率がとても低くなっていました。しかし、最近では、吸引した脂肪から不純物を取り除き、さらに脂肪細胞を活性化する処理を施してから注入するクリニックが増えてきています。その結果、脂肪の生着率がかなり高くなってきています。脂肪の生着率を高めるための研究は今後も続けられていきますので、これからは脂肪注入法による豊胸手術を受ける人が増えるのではないかと予想されています。