整形

バストアップ手術

手術を受ける際の注意とは

整形

小さな胸を大きくする豊胸手術には様々な種類のものがあります。手術料金だけに着目して手術方法を決めてしまう人が多いですが、手術によって得られる豊胸効果の具体的内容や術後ケアの要否などについても正確に理解した上で、どの方法で手術を受けるかを決めるようにすることが大切です。たとえば、両方の胸を1カップ以上大きくしたいと希望しているのであれば、人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術を受ける必要があります。ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法による手術では、1カップ以上のバストアップを実現することはできません。ただし、豊胸手術の際に胸に挿入する人工乳腺バッグは、人間の体からしてみると立派な異物です。最近の人工乳腺バッグはかなり高品質になっていますので、昔のように見た目や手触りの違和感を心配する必要はほとんどなくなっています。しかし、挿入した人工乳腺バッグを異物として認識した周辺細胞が、その異物から体を守るために働き始めますので、そのままにしておくと皮膜拘縮が発生してしまいます。そうなってしまわないようにするためには、術後しばらくの間、乳房マッサージを行う必要があります。

手術料金

先程少し触れましたが、現在行なわれている豊胸手術には、人工乳腺バッグ挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法の3種類があります。近年になり、それ以外の方法で豊胸手術を行うクリニックが少しずつ登場してくるようになりましたが、全体から見るとまだまだ少数派です。したがって、ほとんどの場合は、上述した3つの方法の中からいずれかの方法を選んで手術を受けることになります。この3種類の中で1番手術料金が安くなっているのは、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術です。注入するヒアルロン酸の量が多ければ多いほど高額の費用がかかりますが、片胸につき1カップのバストアップが限界ですので、注入できるヒアルロン酸の量もそれほど多くはありません。クリニックによって料金設定にバラつきがありますが、50〜100万円前後を一応の料金目安にすることができます。一方、人工乳腺バッグ挿入法や脂肪注入法による豊胸手術を受ける場合は、最低でも100万円以上かかるものと考えておくのが無難です。ちなみに、一番高額の費用がかかるのは、脂肪注入法による豊胸手術です。